11ヶ月

ミモザさん、昨日で11ヶ月になった。
もう見た目はすっかりお姉さんにゃんこだけど
まだまだ、甘えんぼのミモちゃん。
このまんま元気にすくすく育っておくれ♪







発情期をむかえるので不妊手術を考えています。
えー。不妊手術?そんなのかわいそうだよ!と考える方もおられると思います。
でも、私は不妊手術は猫を飼う上でとても必要だと思います。
1回くらい産ませてあげたいからといって、何も考えずに子を産ませて
産まれてから「やっぱ、飼えない」と無責任な飼い主に捨てられ、死んでしまう
猫たちがいることを知っていますか。

猫の不妊手術は、不幸な子を増やすのを防ぐだけでなく
発情によるストレスをなくし
生殖器、ホルモンに関する病気の予防にもなるのです。

室内飼いだから、外に出さないようにすればいいじゃーん。
いえいえ。そんな甘っちょろいものじゃないんです。
猫にとっての発情期の性衝動というのはとてつもなく苦しいものなのだそう。
発情した猫の性欲は人間のそれとは異なり、快楽とかのレベルの問題ではなく
餓死しちゃうから何が何でもたべなければ!くらいの切迫したものなのです。
種の存続をかけた至上命題ともいえるでしょう。
そのため交尾できない場合、非常に強いストレスがかかり
食欲不振、激しい抜け毛などの原因になるのだそう。

だから、あたしはミモザにちゃんと不妊手術を受けさせようと思う。
それが飼い主にとっての義務だと思うから。


それならさっさとやればいいじゃんって思うでしょ?
でも、まだできないんだな。
長女(以前、いた子)は生後6ヶ月過ぎたくらいで体重などからみて、手術をした。
だからミモはもう、できるハズなんだけど
今の獣医さんの方針で(長女とは違う先生)
発情期をむかえてからやるということになったの。
発情期を1度経験させてから手術をしたほうが
ホルモンが安定して成熟した身体になるので猫の身体にもいいのだそう。

なのでただ今、発情まち(変ないいかた^^;)なのです。
[PR]
by mina-mimo | 2007-03-08 14:57 | にゃんこ


<< 真夜中にパンを焼く ふわんふわん。 >>