穂高養生園⑫ 最後の日の朝のこと

最後の日。
お天気の神サマ、ちょっぴりご機嫌ナナメで朝から曇り空。
でも、そんなのへっちゃらだもーん!!
前夜のアロマで月のものにもかかわらず、元気いっぱいのあたし。

今朝のお散歩担当は、大好きなヨガスタッフのおにーちゃん。
彼にも元気をいっぱいもらいました。

この日は参加者が若い人が割と多かったのと男性が多かったので
ちょいハードなコースに決定!
もう、この散歩が最高に楽しかったんだ!
あたしは小さい頃に戻ったみたく、大興奮で
「たのしー!たのしー!」
を連発しながらニコニコ歩いていた。(カナリアヤシイ‥)

疲れたら、森の家でひとやすみ。
森の家は主にワークショップなんかに使われるそう。
山小屋風の手作りのおうちで超かわいいの♪
本気でこんな家に住みたいって思っちゃったよ。

ティータイムは今日はスペシャル!
スタッフさんがチャイ(豆乳)を入れてくださったの。
しかも天然酵母のパンつきの至れり尽くせりのおもてなし!
ヨガもできて料理もできておもてなしまでできて何でもできちゃうね。
いつでもお嫁にいけちゃうね。(男だってば)

みんなであったかチャイをすすりながら、まったりおしゃべり。
チャイのおかげで冷えきった体もぽかぽかになりました。

元気になったら、さあ出発!
目的地の川までえっちら、おっちら。
木の根っこをつかんでヨイショ。コラショ。
岩の上は滑りやすいから気をつけて!
水に落ちないようにハラハラ、ドキドキ‥

川の水は澄んでいて、ため息が出るほど美しかった。
夏はここで泳げるんだって!わお!面白そう~!!

川を後にして、しばらくてくてく行くと
川の音がとぎれる場所があるの。
水の音っていうのは人を興奮(?)させる作用があるんだって。
そこに広がるのは静けさだけで。
そっと、あたしの顔を優しい風がなでたんだ。
みんなで目をつむって思いっきり深呼吸してみどりの香りを吸い込んだ。

頭から
顔から
鼻から
口から
閉じた瞼から
腕から足から
全身から
大地のパワーをうけとったよ。

途中、ズルして(笑)
薄目を開けたら
みんなそろって目をつむって深呼吸している姿が可愛らしくって
笑いをこらえるのに必死でした(ゴメンナサイ)


森の中では何本も木が倒れていたっけ。
こないだの北海道の竜巻の影響らしい。
かなりぶっとい木が見事に真っ二つになっていて、自然の強さと怖さを実感したよ。

ちょっぴりキケンでもあり、スリルマンテンの楽しかったこの日の散歩は
最後の最後で
また、あたしの心に大きな宝物を与えてくれた。

おなかぺこぺこ状態でお宿に到着。
お留守番していた方やごはんの用意をして待っていてくれたスタッフさんたちの
「おかえりなさい!」の言葉に
「ただいまー。」と笑顔でごあいさつ。
今日で最後のごはんなんだと思うと感激もひとしお。
今日も美味しい幸せなごはんをありがとう。
a0081167_13274313.jpg
(他の方のを撮らせてもらったのでごはんの位置正しいです)
[PR]
by mina-mimo | 2006-12-22 13:33 | おでかけ


<< 笑うウツボ 赤っ恥 >>